HOME>オススメ情報>ドローン活用の仕事に大注目!資格取得で知識と技術をゲットしよう

ドローンを使って仕事をしていくなら資格取得が近道

空高い場所や人が入り込めない場所などの撮影にはドローンを使うシーンが増えているため、プロのドローン操縦士が注目されています。正しい知識と技術を示すためには資格を取得してアピールすることが近道となっています。

ドローンが活用できる仕事

  • 空からの映像を撮影する空撮カメラマン
  • 建設現場などの現場で活躍する測量士
  • 人材不足が懸念されている警備の仕事
  • 高齢化が問題となっている農業での農薬散布業務
  • 人材不足が懸念されている警備の仕事
  • 高齢化が問題となっている農業での農薬散布業務
  • 広い敷地や高い建物などの点検や監視業務に利用

知識と技術の向上を目指す

ドローン操縦

ドローンを操縦するには実は資格が必要ありません。ところが安全にトラブルなく操縦するためには自己流ではなく知識と経験が必要です。民間資格となりますが取得しておくことによって、知識と技術の向上を目指すことが可能になります。趣味ではなく、ビジネスとして使う場合には資格を取得しておくと飛行許可がスムーズに得るケースもあります。

自分のニーズに合わせる

ドローン

ドローンの資格は主に5種類です。すべて民間資格となりさまざまな民間協会で発行している資格で発行している協会によってかかる費用が異なります。検定だけ受けられるものから、コース化されておりカリキュラムを受講してから試験を受けるというものまで協会によってさまざまです。産業用の農薬散布用のドローンを操縦することができる資格もあり、趣味の一環として資格を取得したいのかそれともビジネスとして取得を目指すのかといった、自分のニーズに合うものから選んでいくことがおすすめです。

かかる費用は幅広い

ドローン

ドローンの資格は発行している民間協会によってかかる費用はさまざまです。カリキュラムプラス資格となっているコースの場合には30万円以上費用がかかる場合もありますが、検定を受けて資格を取得するものもあるため、まずは金額を抑えて資格がほしいという場合には検定試験のみ受けてみることがおすすめです。比較的難易度の低めの級であれば、費用は6,000円程度の検定費用とテキスト料のみです。徐々に難易度を上げていったり、ビジネスとしてドローンを活用している場合には世界でも有名な管理団体が行っている認定資格の取得がおすすめです。

広告募集中